2017年06月02日

【日本終了】ツイッターのトレンド1位に「#安倍を吊るせ」wwwwww

写真 2017-06-02 23 44 00.jpg

小泉進次郎氏 9条への自衛隊明記「当然だ」 違憲論争「放置おかしい」

自民党の小泉進次郎衆院議員は1日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見し、安倍晋三首相(自民党総裁)が意欲を示す憲法9条の改正による自衛隊の存在の明記について「当然だ」と賛同した。

写真 2017-06-02 23 44 10.jpg

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-00000555-san-pol

【スポンサーリンク】





449: 2017/06/02(金) 12:37:31.12 ID:eYoGSTel0
>>1
これに対して普段ヘイトだ人権だうるさいサヨク連中がだんまりなのがもうねw

451: 2017/06/02(金) 12:38:45.92 ID:c68ri+Ig0
>>449
むしろそいつらの発信だっていうw

5: 2017/06/02(金) 09:58:56.54 ID:011lKAvw0
吊るされる仕事つらいなー

10: 2017/06/02(金) 10:00:36.28 ID:+LKbw4zD0
逆風のときの印象操作は逆効果だぜ

11: 2017/06/02(金) 10:00:45.75 ID:w2/L3yAv0
こんなことしても一般人はドン引きするだけなのに
どんどん先鋭化してるね
写真 2017-06-02 23 44 16.jpg

16: 2017/06/02(金) 10:02:43.54 ID:zs2Ot4UU0
これは共謀罪必要ですわ

19: 2017/06/02(金) 10:03:37.71 ID:wnVBqoR00
仮に憎い相手だとしても、こういった表現を公衆の面前で易々と使うべきではないよね
頭がおかしいんじゃないかと思う

32: 2017/06/02(金) 10:06:49.91 ID:nhWaKdb50
全国の安倍さんに失礼だと思わないのかねこいつら

総理と同じ名字が悪い!とか本気で言いそうなキチガイどもだから無理か

34: 2017/06/02(金) 10:07:16.74 ID:QgjvfXiR0
安倍を降ろせ、とかならまだしも

38: 2017/06/02(金) 10:08:15.97 ID:wPCd5nXZ0
頭おかしい
逆に吊されることになるだろうよ

39: 2017/06/02(金) 10:08:20.02 ID:o2ELOZ610
自称平和主義者は攻撃的すぎるよ
こわいこわい

40: 2017/06/02(金) 10:08:52.61 ID:yNOXwHDp0
完全に逆効果ってこと気が付く人はいなかったのかね

68: 2017/06/02(金) 10:15:55.11 ID:Q4s3zRNu0
なんで足引っ張ったり
人に迷惑かけることしかできんのかね

72: 2017/06/02(金) 10:16:36.85 ID:Yr2pTE1G0
怖いなあ。日本も共謀罪みたいなのが必要なんじゃない?

83: 2017/06/02(金) 10:19:05.84 ID:LFhvbd720
人権だとか差別だとか叫ぶやつほど凶暴なのは何故なのか
写真 2017-06-02 23 44 29.jpg

【スポンサーリンク】





87: 2017/06/02(金) 10:19:56.22 ID:xxSuuih00
理解力的にTwitterの長さが限界なんだろうな

109: 2017/06/02(金) 10:28:35.51 ID:iV/zq5740
騒ぐほど逆効果だということを気づく奴はおらんのか…
まぁいたらわざわざお仲間にはならんか

115: 2017/06/02(金) 10:31:33.86 ID:Z5aCBZyF0
これがトレンド1位になるのも民主主義国家ゆえなのか

116: 2017/06/02(金) 10:32:46.59 ID:nhWaKdb50
トレンドに入って喜んでんだろうけど
それ以上に引いてる一般人がいるのにいつになったら気がつくんだろうかw

127: 2017/06/02(金) 10:35:58.73 ID:cC/PckXv0
本気でこれやって何か効果あると考えてるの?
逆に自分たちの異常性を浮き彫りにするだけって気づかないのかな

133: 2017/06/02(金) 10:37:10.22 ID:2KCDZ9950
人間だから合う合わないはあるだろうけど
そこまで人を憎むことなんて普通ないよね

183: 2017/06/02(金) 10:54:52.22 ID:uu3DcL2W0
子どもたちがいじめで悩んで自殺とかしてるのに大人がこれだもんな

185: 2017/06/02(金) 10:56:31.74 ID:Zs3iwwsN0
>>183
こんなやつらでもいじめ反対とか女性の人権を守れとか言ってるんだからな
優しい世界とは何だったのか
おまけに身内からもまともな反論さえ出てこない異常さ

200: 2017/06/02(金) 11:04:16.61 ID:XMy/6VDC0
左翼って議論で勝てないから個人中傷するしかないんだよね
それをお仲間が注意しないからますます先鋭化するw


258: 2017/06/02(金) 11:30:04.62 ID:0i1iFf3w0
全国の安倍ちゃん涙目wwwww

281: 2017/06/02(金) 11:38:03.55 ID:KeUtJ9bJ0
こういう人間どもにはなってはいけないといういい例だな

307: 2017/06/02(金) 11:50:29.76 ID:M5TuytYD0
こういう事で喜べるって楽な人生で羨ましい

324: 2017/06/02(金) 11:55:19.85 ID:5OKVYejy0
どうせ共謀罪成立したら静かになるんだろわかってるよ

325: 2017/06/02(金) 11:55:36.08 ID:p4ODwbmC0
ネットの口げんかなんて最後に書いた方が勝つ不毛なルールなんだから参加する必要なし

187: 2017/06/02(金) 10:57:49.05 ID:n3IKiKP+0
一斉につぶやく
ある意味共謀ですやん

【スポンサーリンク】





この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね♬
posted by パパラッチ at 23:49| Comment(0) | SNS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

母親が子供と添い寝することはダメなことか!?→Facebookに投稿された父親の意見が話題に!!※画像あり

写真 2017-05-27 15 05 36.jpg

小さな子どもと母親が幸せそうにブランケットをかけて添い寝をしている、なんとなくほっこりする光景ですよね。しかし一部の海外では「添い寝」の習慣があまりないのだとか。日本では当たり前にしている添い寝について、デイビッド・ブリンクリーさんがFacebookに思いを投稿したことが話題となっています。みなさんは子どもと母親の添い寝についてどう考えていますか?日本と海外では文化の違いもあると思いますが、デイビットさんはただ1つのことを伝えたいと思いその投稿をしたのだといいます。彼がSNSを通して伝えたいこととは何なのか、全文をご紹介します。

【スポンサーリンク】






海外では添い寝はNG?

写真 2017-05-27 15 05 59.jpg

日本では特に気にされることのない赤ちゃんや子どもとの『添い寝』。しかし海外、特に欧米ではほとんどの家庭でしていません。添い寝(親と同じベッドで寝る)をしているかアンケートを実施したところ、アメリカでは約15%、イギリスでは僅か5%という結果が出たのです。逆にアジアでは添い寝が当たり前にされていて、どの国も70%前後の数値を出しています。日本のように布団を敷き床に寝ない分、落下の危険があるため仕方のないことだと思いましたが、それよりも重要視されているのはネントレと呼ばれるトレーニングだといいます。それがこちら。

・赤ちゃんがスムーズに寝れるように、日中は活動的にし、寝る前にはおやすみの儀式を取り入れる。
・寝る時間になったら、赤ちゃんが寝る前にベッドにねかせ、親は部屋をでる。
・赤ちゃんが泣いていても一定時間はそのままにする。ひとりにする時間を徐々に長くしてならしていく。例えば3分、5分、10分という具合に時間を空けていく。二日目になるとさらに5分、10分、20分という具合に伸ばしていく。
・赤ちゃんを落ち着けるとき抱き上げない。

赤ちゃんの頃からなかなかにスパルタのようにも思えますが、欧米ではこれが主流なんですね。

デイビットさんの伝えたいこと

【スポンサーリンク】





写真 2017-05-27 15 06 05.jpg

それを踏まえた上で、デイビット・ブリンクリーさんの話をしましょう。デイビットさんはアメリカ・オクラホマ州に妻と2人の子供たち、家族4人で暮らしています。彼の妻のアローラさんはよく自宅にママ友を招き、わいわいと会話をするのが楽しみだったといいます。ある日デイビットさんは思いもよらない言葉を聞いてしまいました。添い寝についてアローラさんが友人と話していると、彼女の友人達が口を揃えてこう言ったのです。

「私の夫は絶対に添い寝をやらせてくれない」

デイビットさんはこの言葉で何日も思い悩んでしまいました。そしていくつかのことをハッキリさせたくてFacebookに投稿をすることに。

写真 2017-05-27 15 06 13.jpg


「僕は妻のいかなる母親らしさも嫌だと思ったことはない。
彼女が子供のためにしてあげたいと思うことを決して否定したり、無視したりはしない。
ベッドの隅に体を縮めて寝なくてはならないこともある。もちろん。
でも僕の子供たちを抱いている彼女の姿が、まあ、どれだけ美しいことか。
子供たちは愛情に包まれて安心して眠っている。
確かなのは、僕らの妻たちがこういった小さな母性の期間を経験できるのは、ほんの短い間だけだということだ。」



「僕らの赤ん坊たちを抱え、出産し、育て、そして子供が小さい頃にはベッドで寄り添って寝ることができるかもしれない。
でも赤ん坊はやがて成長し、添い寝なんてできないと言い出すものだ。
男が、どうしてそのチャンスを奪うようなことをしなければならないんだ?」

「添い寝を旦那が許さない」これは何の許可があってそんなことを言っているんだ、というデイビットさんの静かな怒りが込められているようでした。育児に協力をするしないは家庭でかなり違いますが、確かに子どもと一緒にいられる時間は長い人生に比べればほんの少ししかありません。

添い寝に対するネットの反応


そして最後に、デイビットさんはこう投稿をしました。

「母親であることは彼女たちの人格の一部だ。
それに一緒に過すことになる数十年の内の1年や3年なんて、たいした時間ではない。
僕が伝えたいのは、
僕は、妻が母親として決断すること全てに誇りを感じていて、その一つ一つ全てを支持している
ということだ。
彼女からこの貴重な時間や、実際には楽しみきれないほど短すぎるこの時期を奪うことなんて、できるはずがない。
妻と母親たちを尊敬してください。」(デイビッド・ブリンクリー)

この投稿を見たユーザーからは、素敵な考え方だと称賛する声が多数上がりました。せっかくなので、いくつかのコメントを掲載させて頂きます。

写真 2017-05-27 15 06 29.jpg

寄せられたコメントには当然反対派もいたり、添い寝をすることの危険性を教えている人もいたりと、投稿は多くの人の目に触れていきました。中にはこんな投稿も。

写真 2017-05-27 15 06 37.jpg

赤ちゃんは24時間手がかかりますし、夜泣きがひどくてお母さんがまったく睡眠時間を取れないことも多いです。勝手に飲んでくれるなら助かりますが、誤飲しそうで怖い気もしますね…。


母は強し、この間に旦那が何をしてくれるかで今後の夫婦生活は変わるでしょう。なんにせよ、幸せを感じる瞬間を噛みしめられるというのは大事なことです。いつ会えなくなる非日常が訪れるかも分かりませんし、デイビットさんのようにとまではいかなくても邪魔にはなりたくないものですね。

【スポンサーリンク】





この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね♬
posted by パパラッチ at 15:13| Comment(0) | SNS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

【悲報】現役のジャニーズアイドルが「窃盗団」と仲良く写真撮影した写真がFacebookに流出!

写真 2017-05-26 19 11 10.jpg

元KAT-TUNのメンバー田中聖容疑者の報道も去ることながら、こちらのNEWSもほそぼそと話題となっております。どうやら現役ジャニーズアイドルが昨年問題となった7億円の窃盗犯と一緒に写真を撮影している姿がFacebookに流出しているというのです。この写真は現在も掲載され続けているようで関係がささやかれております。



【スポンサーリンク】





写真 2017-05-26 19 11 30.jpg

問題が起きているのは昨年7月、福岡で起きた7億5000万円相当の金塊強奪事件で問題となった小松容疑者のツイッターアカウント。彼のアカウントから、現在人気大爆発中のジャニーズアイドルグループのメンバーの一人の写真と思しき人物が一緒に写っていたというのです。ネットでは彼とこのアイドルとの関連性がささやかれておりますが、現在の所全く不明です。

もしかしたら小松容疑者が単純にジャニーズファンであり、たまたま居合わせたこのアイドルが一緒に「ウェーイ」写真を取っただけという可能性もあります。

そうなると、このアイドルにとってはかなりのとばっちりにしかなりません。とくにジャニーズアイドルは男性からも人気が高く一緒に撮影したらSNSに上げたくなる気持ちはよくわかります。

だからこそよく言われる「写真はNGです」という意味はそういうところからあるのかもしれませんね。

【スポンサーリンク】





この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね♬
posted by パパラッチ at 19:14| Comment(0) | SNS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする