2017年04月25日

【悲報】現金出品禁止となったメルカリに今度は大量のチャージ済みスイカ!

写真 2017-04-25 21 07 55.jpg

現在オークション等では現金の取扱は厳重に取り締まりが行われ、見つけ次第速攻出品が削除されます。昨日フリーマーケットアプリ「メルカリ」にて大量の「現金」が出品されましたが、すぐに削除対応が行われました。これにて現金取引は難しいか?と思われましたが、なんと別の手法で取扱が始まっております。

【スポンサーリンク】





ーチャージ済みSuica が登場
写真 2017-04-25 21 08 04.jpg


さて、現金が取引中止となったメルカリですがそもそもなぜ現金が取引されていたのでしょうか。まず、現金は50000円が59500円という具合に利息がついた形で出品されます。そんなもの誰が買うんだ!と思うのかもしれませんが、今すぐ現金がほしい、カードがあるが現金がない、という方のための「貧困ビジネス」の一環です。メルカリの他にもこのような闇サービスがありますが、業者がメルカリに大量のターゲットが居ると踏んで出品したものと思われます。


参考
http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/24/mercari-money_n_16202378.html

【スポンサーリンク】





ー現金がダメならSuicaだ 既に次の手は打っていたのでしょうか、現金がダメならSuicaだ!
写真 2017-04-25 21 08 13.jpg

と言わんばかりにSuicaが大量に出品されております。しかもチャージ済み。ただし疑問は残ります、チャージ済みのSuicaが直ちに現金として扱えるかというとそうではありません。ちなみにiTunesカードなどは出品されておりませんSuicaじゃないとダメなんです。

なぜSuicaなのか、詳しいことはわかりませんが、貧困ビジネスの取引上何らかのメリットがあるのは間違いありません。

ちなみにチャージ金額より若干高く利子がついて出品されておりますが、これがSuica自体の価値だとすれば理にかなっているのかもしれません。

つまり3800円のSuicaチャージ出品だとすればチャージ3000円、Suica自体が800円という感じで何ら問題はないように感じます。

この業者と運営者のイタチごっこはおそらく今後も続くのでしょう。

【スポンサーリンク】





この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね♬
posted by パパラッチ at 21:22| Comment(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【情報流出】南海トラフ地震に関する政府が隠していた事実が発覚!?5月17日に地震が来る?【詳細】

写真 2017-04-25 19 54 59.png

熊本の大震災が発生してからもうすぐ1ヶ月が経とうとしています。しかしまだまだ地震の爪痕は大きく、現在も熊本の被災地では自衛隊やボランティアの方達による復興支援が行われています。

 そしてこの地震により、今1番心配されていることが南海トラフ地震です。東北の東日本大震災から、あまり時間が経っていない中、先月起きた熊本地震。

 もしかしたらまた大きな地震がくるのではないかと考えている人も多いと思います。しかも南海トラフ地震との関係性を政府が隠していたらしいのです。その情報はとても信じられないものでした。

【スポンサーリンク】






そもそも南海トラフとは

南海トラフは四国の南の海底に存在する水深4000m級のとても大きな溝のことです。

写真 2017-04-25 19 55 30.jpg
 この南海トラフはとても活発で大規模な地震発生帯でもあるんです。フィリピン海プレートが、ユーラシアプレートの一部の西南日本とぶつかって、下に沈みこんでいく沈み込み帯です。

地震の前兆は?

震災が起きると根も葉もない噂や、デマなどが多く広がりますが、この中でかなり信憑性の高い情報をご紹介します。

【スポンサーリンク】






それは大量のモグラの謎の死です。

写真 2017-04-25 19 55 37.jpg

先月の24日に、高知県で普段はほとんど見ることのないモグラが大量に死んでいるのが発見されました。




「 見たこと無いくらい、大量のもぐらが死んでいる 」
「片づけてもまだ出てくる」
「処分したのを含めれば30匹はいた!」
 モグラが地上に現れた理由はわかりませんが、地震とモグラの関係性からするとどうやら、モグラは地震が起こる前に地上に現れることが多いらしいのです。というのも、普段、地中で生活している動物なので電磁波パルスに敏感らしく、地上の生き物よりも反応が早いらしいのです。阪神淡路大震災や、新潟中越地震の時も、地震の前に多くのモグラが目撃されています。


では、地震はいつ起きるのか?

地震の発生時期は数年後から数十年後くらいらしく、はっきりとはわからないようです。しかしある専門家は5月15日〜17日に南海トラフ地震が来ると予想しています。なんとそのその規模は最大マグニチュード9.1を想定しているようです。

 これは今までの地震よりはるかに大きい数字で、想定される死者の数はなんと最大10万9000人。さらにとてつもない経済被害が出るとも言われています。

まとめ

 あくまで予想に過ぎないのですが、備えあれば憂いなしという言葉もあるように、十分な警戒と準備はしておいたほうがいいと思います。

 地震が来なかったら良かったとなり、もし来てしまっても十分に対応ができれば被害を最小限に抑えることができます。自分の命は自分で守り、家族や友人も守ってあげましょう。

【スポンサーリンク】





この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね♬
posted by パパラッチ at 20:00| Comment(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

050で始まる電話番号は詐欺!?料金はくれぐれも支払わないように・・・

写真 2017-04-24 9 54 34.png

みなさんは家の電話・自分のスマホに知らない番号から電話がかかってきたらどうしていますか。登録していない番号ですから、当然名前なんて出るわけありませんし、どこの誰かも分かりませんよね。でも仕事や家庭の事情で知らない番号からの電話でも、出なければいけない人は多いものです。さっそくかかってきた番号を選んで…と、その折り返しの電話待ってください。もしそのかかってきた番号が「050」からはじまる通知で、ワン切りだったなら、あなたを狙った詐欺の電話の可能性があります。実はこの番号に関して、消費生活センターに報告が多数届けられました。

【スポンサーリンク】






詐欺はいつ引っかかるか分からない

写真 2017-04-24 9 55 49.png

世間で“詐欺の電話に引っかかりやすい”とされているのは年配の方という認識です。そもそも大金を請求されても金額的に用意できる訳がないと思う方も多いと思いますが、最近の詐欺はとても巧妙化してきています。自分は大丈夫だと思っていても、いざ自分になったら冷静な判断はできないもの。

「あなたの家の◯◯が事故にあって、100万必要なんだ」

こんな分かりやすい詐欺、今のご時世に引っかかる人なんてほんの一握りです。でもいまあなたが触れているスマホ、またはパソコンのすべてを把握できているでしょうか。契約内容、通話の総合計時間、ネットで使った過去の通信料や履歴など。詐欺にかける材料はたくさんあるんです。だからこそ、あの手この手でこちらを動揺させにくる、このネット社会は詐欺師にとってとても騙しやすい環境になってしまったといえるでしょう。

「050」のワン切りにご注意

写真 2017-04-24 9 56 00.jpg

今月の14日に消費者庁が注意を呼びかけた、架空請求をしてくる詐欺の電話番号をご存知でしょうか。それがタイトルや見出しにもあった『050』からはじまる番号です。ワン切りでかけてくるこの詐欺は、相手が折り返しの電話をしてくることが最初の段階で内容はこんな感じなのだそう。


【スポンサーリンク】






「有料動画サイトの料金が未払いだ。請求内容を知りたい方は(ダイヤルボタンの)『1』を押して」

ここから指示されたとおりに番号を押すと、今度は「TSB債権回収」の社名を名乗り本当に存在する会社のように話してくるのだといいます。その際に、金銭を要求する最終地点までに必要な情報を「会社に登録されているものと違う」などと言って聞き出そうとしてくるのだとか。この詐欺の最大の特徴は、今の時代に沿ったやり口だということです。消費者庁も、

「いまは銀行やカード会社に電話するとたいてい自動音声が流れる。『本物の会社だ』とにおわせる手口だ」

と警戒を強めて欲しいと再度促しているそうです。

メールでの詐欺もまだご顕在

そして、一時期爆発的に広がってしまったスマホアプリ「LINE」乗っ取りによる「iTunesのカード◯◯円分買ってきて」はひとまず収まったものの、メールでの詐欺の被害は出続けているといいます。そしてそれはスマホを手にしたものの、よくわからないまま使っている人達にとって簡単に信じてしまうようなものらしく、Twitterではこんなものが投稿され話題になっていました。

写真 2017-04-24 9 56 12.jpg

わからないことがあったら、迷わずショップに行くか金銭が絡むなら警察に相談することを忘れないでください。電話番号に関しては、知らない番号であれば一度その番号自体をネットで検索してみると「詐欺電話」かどうか報告や注意喚起がされている可能性が高いですよ。自衛はしっかりして詐欺を華麗に回避していきましょう。

【スポンサーリンク】





この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね♬
タグ:詐欺
posted by パパラッチ at 10:00| Comment(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする