2017年04月21日

【衝撃的】ペット霊園の末路が酷すぎる…これが人間のやることかよ…(画像あり)

写真 2017-04-21 6 45 44.jpg

蜂蜜禰悶@千本カツラ@hgd2525

枚方の宝塔というペット霊園が突如閉鎖になっていた。利用者への通知は入り口の紙ペラ2枚のみで中に利用者の悲痛なメッセージがあった。掘り返されて山積みになった骨。壊し捨てられてる墓標らしき残骸。 恐らく多くの利用者に知らされていない。霊園に入れる事を何だと思ってるのだろう?

2017年4月19日
写真 2017-04-21 6 45 52.jpg

写真 2017-04-21 6 45 56.jpg

【スポンサーリンク】





141: 2017/04/20(木) 20:49:32.42 ID:/iuYOfQF0
>>1
犬畜生如きが、なんで永代供養してくれると思ったんだ? コイツらはw

3: 2017/04/20(木) 20:10:36.45 ID:9KdZqyPR0
そりゃこんなの金目当てに決まってるじゃん

4: 2017/04/20(木) 20:11:40.13 ID:gGuVJFcX0
ペット霊園なんてどうやって経営してるのかまったく謎だしなあ
大町さすけの墓

11: 2017/04/20(木) 20:13:12.64 ID:GBWlrb+Y0
アホな飼い主騙して儲かっただろうな

17: 2017/04/20(木) 20:16:36.46 ID:ADoLNy9K0
家畜の骨とかはどう処理されてんのかね

80: 2017/04/20(木) 20:35:20.49 ID:OhzAdHbz0
>>17
食肉用家畜は骨まで使われる
怪我や病気で死んだ家畜は専門の焼却施設がある
勿論焼却したら廃棄

57: 2017/04/20(木) 20:26:39.82 ID:w8x3mutk0
これが嫌でまだ死んだ犬の遺骨抱えてるんだよ
自分の墓建てたら入れとくかな

62: 2017/04/20(木) 20:29:11.85 ID:d/GWn0gl0
庭に埋めればいいのにどうしてそうしないの?

64: 2017/04/20(木) 20:29:32.91 ID:yElsEnTr0
これって何かの罪に問われちゃうん?

65: 2017/04/20(木) 20:29:35.87 ID:aPBMOXzk0
これは絶対祟られる
経営者はロクな死に方しないよ

69: 2017/04/20(木) 20:30:09.36 ID:e5YC1Wu+0
畜生に墓なんか要らない


71: 2017/04/20(木) 20:31:26.86 ID:nZBgcEFe0
火葬だけしてもらえば後はどうでもいい気がするけどな
灰にしてくれる業者探して海にでも撒けばすっきりするんじゃないの

79: 2017/04/20(木) 20:35:11.77 ID:X+wyeAU20
俺も死んだ後はどうとでもしてくれ。

90: 2017/04/20(木) 20:39:50.06 ID:U8LlIfov0
犬の骨、正直始末に困ってる
捨てる気にはなれんし、親もかわいがってたから家の墓に入れてって頼んだら坊主ブチ切れるし

98: 2017/04/20(木) 20:41:25.64 ID:ZTu4VB6J0
知らされてないとは言うが知らぬが仏ではないか

103: 2017/04/20(木) 20:42:34.83 ID:tyNv7qt60
むしろ自然に還って行くんだから感動的だろうに

116: 2017/04/20(木) 20:44:27.33 ID:JGbd7iKp0
たぶん山の地権者に無断で霊園開いてたんだろうなw

120: 2017/04/20(木) 20:45:16.65 ID:Rc+S74mU0
知らない方がいい事もある

133: 2017/04/20(木) 20:48:17.32 ID:Br87Ydp60
人間だって名家とかじゃなければ同じだろ
永代供養とか言っても30年程度で適当にまとめてポイらしいぞ

144: 2017/04/20(木) 20:49:56.00 ID:Qq6SJC7L0
>>133
30年経つと子孫も知り合いもだいぶ死んでるから誰も悲しまない
これは大事にしてた飼い主がまだ余裕で生きてる

152: 2017/04/20(木) 20:53:00.14 ID:Br87Ydp60
>>144
大事だったら自分で管理して供養しろよって話じゃねいの
まあそもそも永代供養とか平然と嘘ついてる坊主や葬式ビジネスがおかしいんだが

135: 2017/04/20(木) 20:48:25.01 ID:1956jVKu0
最近はペット利用者が多くなったのか
ペット火葬値上がりしてたな
写真 2017-04-21 6 46 02.jpg

155: 2017/04/20(木) 20:53:51.67 ID:XBWhT/QP0
大体の人は死ぬと新しいの買うんだから
別にいいじゃん

159: 2017/04/20(木) 20:54:39.31 ID:mwJ58c850
ペット霊園なんて大抵は893紛いのが経営してるから儲からなくなったらそのままポイよ

170: 2017/04/20(木) 20:57:39.91 ID:xYMQ/tmr0
どんだけ儲けたかだな
ペットビジネスの闇はマジで深い


174: 2017/04/20(木) 20:59:08.99 ID:mkjAUR1S0
関西ってほんと血も涙もないな

204: 2017/04/20(木) 21:16:32.83 ID:oCAe52XD0
こういう土地を買おうって気になるのもすごいな

167: 2017/04/20(木) 20:56:24.86 ID:lJ1tQ8VC0
人間も同じで、自分の墓が永遠に有る訳じゃないし
管理が引き継がれなければ終わりだ

【スポンサーリンク】





この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね♬
posted by パパラッチ at 06:53| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

【潜む危険】写真を見返していると、その事実に愕然→無邪気な子供の足元に信じられないものが写っていた…※画像あり

写真 2017-04-18 13 06 31.png

レジャーに行ったときに、写真を撮る人は多いと思います。
家族の写真、景観の写真など、手元にたくさんの写真があるという人も少なくはないはず。

後で見返してみると、新たな発見があったり、そのときには気づかなかったことに気づく人もいるのではないでしょうか。

実は、撮影時には気づかなくても、大きな危険と共に写真を撮ってしまったということも存在するよう。
写真を見返したときに、その恐ろしさに真っ青になったというものなのです。

撮影されたのはオーストラリアの大自然の中。
一体、どんな危険が写真に写りこんでしまったのでしょうか。

【スポンサーリンク】





何気ない子どもの写真だったはずが・・・

オーストラリアで撮られた写真というのが、どんなものかというと、こちらです。

写真 2017-04-18 13 07 13.png

大自然の中で、一人の子どもがポーズを決めているというもの。子ども時代ののびのびとした姿が印象的ですね。
伸ばした指の先には広々とした空が広がっていて、とてものどかで、温かみのある写真です。

しかし、子どもの指先に視点を誘導されてしまうことで、「危険」の正体を見逃してしまうのです。

少し視点を動かしてみましょう。この写真に隠された本当の危険に気づくはずです。

危険の正体は何だったのでしょうか

写真に写りこんでしまった「危険」なものの正体、何か分かりましたか。
分からなかったという人のためにも、これよりも分かりやすい他の写真もご紹介しましょう。

【スポンサーリンク】





写真 2017-04-18 13 07 25.png

これで分かったでしょうか。子どもの足元に、ヘビが写り込んでいるのです。

風景の色とヘビの色が同系色なので、写真を撮っているときに気づくのはなかなか難しいかもしれません。
この写真を撮影したお母さんは、その時点ではヘビの存在には気づいていなかったそう。

2m以上はありそうなヘビがいたということですから、気づいていたら、子どもだってこんな無邪気な笑顔を浮かべることはできなかったのではないでしょうか。

危険すぎるけど、何事もなかった

後でヘビがいたことに真っ青になったそうですが、気づかなかったことがよかったのかもしれません。

幸い、ヘビはかみつくこともなく、そっと通りすぎていってくれたようです。
写真を見返すことがなければ、気づかなかったかもしれないですね。

撮影場所がオーストラリアということもあったのかもしれませんが、危険は思っているより近くに潜んでいるもの。

子どもとの外出の際は、危険が及ばないように気を配っておきたいですね。

【スポンサーリンク】





この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね♬
posted by パパラッチ at 13:11| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

妻とその浮気相手を投げ落とした深穴に→数年後に訪れると信じられない光景があった・・・※画像あり

写真 2017-04-17 8 13 33.jpg

男女間のトラブルはいつの時代にもあるもの。時に冷静さを失ってしまうというような経験がある方も少なくないかもしれません。

とはいえ、取り返しのつかない結果を招いてしまう事だけは避けたいですよね。

妻の浮気を知ったある男性も、そんな経験をしました。恐ろしくも奇妙なお話をご紹介します。

【スポンサーリンク】





それは一通の手紙から・・・

写真 2017-04-17 8 13 41.jpg

本社勤務だった男性はバリバリと仕事をこなす中、突然営業所開設と新規市場開拓を命じられて地方へと転勤になりました。

激務に追われる中、営業所の立ち上げも軌道に乗り、仕事関連で地元の女の子と知り合い結婚。マイホームを購入するなど、すべてが順風満帆のように見えました。

結婚して3年程経ったある日のこと。男性はいつも通り出勤すると事務机の上に自分宛の手紙を発見。早速開封してみるとそこには驚愕の内容が書かれていました。

「あなたの奥さんは日中あなたがいない時間、自宅に若い男を 連れ込んでいますよ」

そこには時間帯や男の容貌等、詳細に書かれていたそうですが、この男性は自宅でのちょっとした異変などから、思い当たる点もあったと言います。

この事実を確かめるため、自分自身でまず妻にトラップを仕掛けることにしました。

ある日の帰宅後、「来週2日間出張になったから」と妻に伝えました。

【スポンサーリンク】





浮気現場目撃

写真 2017-04-17 8 14 00.jpg

嘘の出張日当日、男性は出張かばんを手に家を出ましたが、家が遠くに見える場所に営業車を停めて家を見張りました。監視を始めて半日程たった時、浮気相手と思われる男はやってきました。

若い男が自宅に入ってから30分経っても出てくる様子はなく、

男性は裏口から静かに室内へ入りました。

寝室の前まで来ると中から声が聞こえたのを確認し、寝室へ突入しました。

頭に血が上った男性は、若い男を掴まえてそのまま階段の上から投げ飛ばしました。

1階に降り、浮気相手を殴り蹴り、失神させたのち、2階に戻ると妻は逃げ出そうとしていました。

往復ビンタを何十回も繰り返すと、これまで妻に対して殴るどころか声を荒げたことも無かった男性の様子を見て妻の顔色は真っ青だったそう。

怒りを抑えきれなくなった結果

写真 2017-04-17 8 14 05.jpg

あまりの怒りから男性は我を忘れ、妻をその後階段から1階に突き落とし、結束バンドで2人の手足をきつく縛り上げました。

そして車のトランクに押し込み、山道を走り奥地の巨大鉱山の廃墟が広がっている場所へと連れて行き、3Mほどの穴を掘って2人を付き落とした後、2人の靴、バッグ、バンドを切るためのカッターナイフなども落とし、男性は帰宅しました。

冷静になった男性は自分がやってしまった事をひどく後悔し

「妻とあの男が穴から出てきたら警察に通報するはずだ。俺も終わりだな」と不安に襲われたといいます。

しかし不思議な事にその後何日間経っても警察が来ることはありませんでした。

何年経っても・・・

月日が流れ男性は転勤が決まり引っ越すことになり離れる前にあの場所を再訪したそうです。

現地に着いたら、何もかも消えていました。

そこは土地開発で整地作業が行われていました。

あの2人はどこに行ったのか、なぜ自分を訴えなかったのか・・。

全ては遠い時の彼方へ完全に消え去ってしまった・・そうです。

謎の残るこのお話、“※この話はフィクションです”と最後に書かれているのですが、真実は誰にも分りません・・・

【スポンサーリンク】





この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね♬
posted by パパラッチ at 08:18| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする