2017年04月06日

【世界中が感動した】チャイルドシートを買うことができないまま車に子供を乗せていたら、取り締まりにきた警察官→事情を話すと、信じられないことが!!※画像あり

写真 2017-04-06 5 34 50.jpg

警察にはどのようなイメージを抱いているでしょうか。あまりいいイメージはないという人もいるかもしれません。身内には優しく、一般人には厳しい取り締まりをしていたこともあり、「警察官=腹が立つ存在」というイメージもあるのかもしれません。
海外でも人種差別から、黒人に対して厳しく取り締まりを行う白人の警察官もいるようで、その認識は世界共通なのではないかと疑いたくなってしまいます。
しかし、全ての警察官が嫌な人間ではありません。取り締まりを行う中でした「あること」が紹介され、世界中に感動を与えました。「警察官のあるべき姿」であるとまで言われたその行為とはどのようなものだったのでしょうか。

【スポンサーリンク】





きっかけはFacebookの投稿から

一人の警察官が行ったことが世界中に知られるようになったのは、ある男性がFacebookへ投稿したことが始まりでした。投稿者の名前はデルさん。一般の方です。

デルさんは、3歳の娘を後部座席に乗せていましたが、チャイルドシートを取りつけていませんでした。チャイルドシートの取りつけが義務であることは分かっています。しかし、ある事情があり、チャイルドシートの取りつけを行っていなかったのです。

写真 2017-04-06 5 35 04.jpg

チャイルドシートをつけていないデルさんの車を発見した警察は、サイレンを鳴らして、車を止めました。このとき、デルさんは警察が横暴に切符を切ることを覚悟したと言います。
しかし、そのとき、パトカーから降りてきた警察官は予想しなかった対応をしてくれたのです。

優しく事情を聴いてくれた

「なんでチャイルドシートを取り付けないのか?」

デルさんに対して、警察官は丁寧に聞いてきたと言います。
それにびっくりしたデルさんではありましたが、「この人になら話してみてもいいかもしれない」という気持ちを抱き、事情を説明しました。
現在の状況が悪く、経済的に苦しいこと。娘にチャイルドシートを買う余裕がないことなど、正直に話しました。
話を聞き終えた警察官は、「車に戻って、パトカーについてきて」といい、ウォルマートに行くことを提案してきたのです。
この後、警察官は自分の財布からお金を出して、チャイルドシートをプレゼントしてくれたのです。

【スポンサーリンク】





写真 2017-04-06 5 35 13.jpg

このときのことをデルさんは「衝撃的すぎた」と表現していることからも、予想しなかった出来事だったのでしょう。
このとき、警察官の名前を聞くことも、名札を見ることさえできなかったそうです。

テレビ局が取材に訪れて、明らかになったこと

動揺しながらも、警察官にお礼を言ったデルさんに対して、警察官が答えた言葉がとても印象的です。警察官とは、生活を守る存在なのだと感じさせられます。

「娘さんの命を守るチャイルドシートを買えないでいるのに、さらに違反切符を切って罰金を払わせても、あなたにとっては何の助けにもなりませんから。それに、私は自分のやるべきことをしたまでです。」

この対応はFacebookで紹介され、多くの人がシェアしました。そこから、テレビ局の目に留まったのです。
そのとき、対応してくれた警察官が「スカリオーネ巡査」だったことが分かったのです。

写真 2017-04-06 5 35 20.jpg

スカリオーネ巡査は、テレビ局の取材に対して、「違反しているからすぐに切符を切るのではなく、まずは話を聞いてみよう」と考えたことを語り、そのときにデルさんが素直に話してくれたため、チャイルドシートをプレゼントしようと思ったことを告白しました。

違反をしていることを分かった上で、きちんと話を聞き、相手にとっての最善を考えてくれたスカリオーネ巡査は、とても誠実な警察官ではないでしょうか。

Facebookへの投稿について、デルさんは「人種を理由にするべきではないこと」「心で接してくれる人がいることを知ってもらいたい」という理由からしたと言います。
警察だけではなく、全ての人が心からの対応ができれば、もっと世界は幸せになるのかもしれません。しかし、現実にはなかなか難しいこと。
スカリオーネ巡査のように、優しさや思いやりで接することができるように心がける人が増えればいいですね。

【スポンサーリンク】





この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね♬
posted by パパラッチ at 05:46| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

【錯覚難問】スイス人からの挑戦状!この写真に写っている女の子は何人でしょう?【世界中で大論争】

写真 2017-03-28 10 24 14.jpg

スイス人アーティストからの挑戦状

 前のページで述べた挑戦状は、スイス人アーティストのティツィアナ・ヴェーガーリ氏が自身のInstagrmに投稿したものである。彼女のプライベートプロジェクトの一環で撮られた写真のようだ。

 その写真を巡って、世界中で大論争が起きているという。大論争とはつまり、まだ挑戦状の答えがヴェーガーリ氏から語られていないということだ。あなたも是非、これからご紹介する挑戦状にチャレンジしてみていただきたい。

女の子は何人?

写真 2017-03-28 10 24 14.jpg

【スポンサーリンク】





 こちらの画像が、ヴェーガーリ氏の挑戦状である。この写真には、全く同じ服を着て髪型もよく似ている女の子が座って写真に写っているように見える。挑戦状とはすなわち、この写真の中に女の子は何人写っているか答えよ、というものである。

 ひとまず単純に写っている女の子を全員数えてみると、12人だった。しかし、そんな単純なクイズが世界中で大論争を巻き起こすようっわけがないだろう。となると、見えている女の子は一部鏡か何かに映ったものと考えられる。

 そうなると、果たしてどこからが鏡なのかということを考えなければならない。視線の向きや女の子が身につけている装飾品から判断したいところだが、服装と髪型がほとんど一緒のため非常に見分けるのが難しいのではないだろうか?

【スポンサーリンク】





ネットの反応、答えの統計

 日本のネット上でも、意見がかなり割れていた。「2人」と答えている人が多かったが、中には4人と答えていたり無限に何人もいるのではないかと答えている人もいた。

 ヴェーガーリ氏のInstagram上にコメントした人の60%は2人と回答し、30%以下の人々は4人と回答し、それ以外の人々は12人、3人、6人などと答えていたという。ちなみに現時点でヴェーガーリ氏から正解は発表されていないようだ。

 あなたには何人に見えただろうか?筆者には最初4人のように見えた。是非ご家族や友人の方々に拡散して、一緒に話し合ってみてはいかがだろうか?

【スポンサーリンク】





この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね♬
タグ:錯覚難問
posted by パパラッチ at 10:30| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【何だこれ】アルゼンチンで発見された謎生物の風貌が「ヤバ過ぎる」と話題に!新生物か?

写真 2017-03-28 10 05 56.jpg

最近はネットを使って様々な情報がたやすく手に入る用になりました。そうです、どこの場所に居ても度の国に居ても情報は瞬時に手に入るわけで、誰が何を今している。そんな情報はあっという間に手に入るのです。さてそんな中、コチラは奇妙な生物がいると話題となったものですが、確かにこれは何でしょうか。

【スポンサーリンク】





ースペインで発見された謎の生物

写真 2017-03-28 10 06 05.jpg

こちらスペインの女性「LujanEroles(46歳)」が発見された謎の生物です。Facebookにアップされたものですが、ヘビのように長細い生物で、頭と尻尾になぜか頭があります。どうやら新種もしくは、突然変異のような生物なのかもしれません。通常このような生物はあまり長生きできないのですが、投稿者がつついてみると、物凄い元気に動きます

写真 2017-03-28 10 06 09.jpg

しかも尻尾にある顔のようなものは、目は一つしか無いのですが、なんとまばたきをするのです。つまり頭も尻尾も同じように生きているのです。

これはもはやRPGのモンスターのような生き物です。


しかしこれ調べてみると実に興味深いことに、どうやら突然変異でもなんでもない
普通の芋虫のようです。

【スポンサーリンク】





写真 2017-03-28 10 06 19.jpg

写真 2017-03-28 10 06 23.jpg

Hawk-Moth(ベニスズメガの幼虫)という芋虫のようで、ヘビのような形に擬態することで、外敵から身を守るようです。我々でさえヘビと見間違えるほどですから、通常の生物は間違えるのでしょうね。

流石にこれは恐れ入ります。
一体どういう経緯でこうなったのでしょうか。

【スポンサーリンク】





この記事が気に入ったらSNSでシェアしてね♬
posted by パパラッチ at 10:12| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする